カンジタは再発しやすいため感染原因を助長する

カンジタはそれほど危険な病気ではないという認識は、広まってはいますが性感染症の一つであることにまちがいはなく、性交渉で感染してしまいます。

カンジタになっていることは自覚症状自体はかゆさなどであるかとは思いますが、それがカンジタだと言うことはなかなか思い当たりません。それがカンジタを広めてしまう理由になります。

また、カンジタは治療法自体はそれほど難しくはないのですが、なかなか治りにくく、さらに悪いことに、再発しやすいです。カンジタが治ったと言って油断していたら、再発していたと言うこともあります。そして治ったからと油断して、性交渉をして広めてしまうこともあります。

カンジタを再発させないために、どうしたらいいか。まずは患部を清潔に保つようにしましょう。カンジタの治療途中でももちろんですが、カンジタ菌が発生しにくいようにしないといけません。また、湿り気を好むカンジタ菌ですからなるべく入浴後などには、キレイに拭いておくことが大切です。

さらに温度が高いところを好む傾向がありますから、おりものシートなどはなるべく交換をして、できるだけ風通しを良くしておきましょう。

もちろん体調の変化でカンジタは発症しますから、日頃から健康的な生活をしておくことがくりかえすカンジタを防ぐ手だてになります。


バリューコマース