カンジタになる原因はひとつではない

カンジタはカンジタ菌による病気で、カンジタ菌は常在菌でとくに体に悪くはないということは分かりました。では、カンジタ菌が異常繁殖をしてしまうと、カンジタになってしまうのですがその理由はなんでしょう。

カンジタは性器がかゆくなってしまうということが症状としてよくいわれていますが、それ故に直接性器に対して原因があります。そして性器以外にも、全身が原因となることもあります。

性器が理由となるときは、カンジタ菌が繁殖しやすいような状況が作られてしまって、それが発症の理由になるということがあります。

性器が汗などで不潔な状態になってしまうことや、おむつや生理用品などを使って湿度の高い状態を保ってしまうことです。もちろん性交渉によってなってしまうこともあります。

全身が原因となるときは、免疫を抑制する薬などを服用していると、それが原因でカンジタ菌が繁殖してしまうこともあります。抗生物質、ステロイド剤を使っているときも、同様です。

また妊娠してるときはエストロゲンが高くなり、この状態だとカンジタになってしまう確率が上がりますので、妊娠時はカンジタになるというデータがあります。それ以外でもピルを服用しているときも、カンジタの危険性は高まります。


バリューコマース