カンジタにはカンジタ菌が関係しています

カンジタはかゆみやおりものが変化してしまう病気だと言うことは、分かりましたが、それではなぜカンジタになってしまうのか。カンジタを引き起こすカンジタの正体を探ってみましょう。

カンジタは実はカビの一種で、カンジタ菌とも呼ばれます。これがカンジタを発症させる原因になるのです。ただし、このカンジタ菌はとくに珍しい菌ではなく、膣や外陰、尿道、肛門に普通にいる菌です。

すべての人の中にカンジタ菌はありますから、誰でも発症してしまう危険性があると言えますが、カンジタ菌は常在菌としてはまったく問題がない菌で、健康を害するものではありません。

体の抵抗力が落ちてしまったときに、このカンジタ菌が異常繁殖してカンジタという症状を引き起こしてしまうことになります。

そして、カンジタが以上繁殖したまま性交渉をしてしまうと、その繁殖した大量のカンジタが相手に映ってしまうということがあります。そのために性感染症ということができます。

ただしカンジタ菌は常在菌のために、健康的な生活を送っていれば発症する可能性は低く、それほど怖がるものではありません。稀に、薬の副作用などで繁殖してしまう可能性がありますが、医師の説明をきちんと聞いていればそれによる影響は防ぐこともでいるでしょう。


バリューコマース